So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

神のデザインセンス [メイン]

どうも、こんにちは、神描人(かみえがきびと)です。

NO.1の「神を描く人」を目指して頑張っていきますので、応援よろしくお願いします。
では、今回の「神宿る文章」をお届けします。

高画質なテレビゲーム画面において、何百万画素という膨大な数の小さな点「ピクセル」の全てをコンピューターが表示して管理しているように、宇宙において、神が小さな点「原子」を出現させてその後の動向を決定しているのであって、偶然、そこにある訳ではなく、原子1つですらも、完全に神の支配下にある。
あなたの体の何十兆個ある細胞の全ても神の管理下にあり、その内の1つの細胞が「何年何月何日の何時何分何秒にどこにいて何をしていたのか」もはっきりと記録されて残っているのだ。
宇宙は「神が処理できる範囲内で広がっている」のだから、宇宙に存在している全てを神は記憶していて、人間の記憶も例外ではなく、あなたは「神の記憶容量の1部分を借りた状態で存在している」ということになる。
もちろん、全ての記憶が神には閲覧可能なのだ。
目に見えている脳は「記憶に関してこのような制限が加えられてますよ」という説明書になっていて、死んで魂が肉体から離れた状態でも記憶できるのだから、神が目に見えない世界における記憶の仕組みを絵で分かりやすく解説してくれているのであって、むしろ、脳は100%記憶できる所を何%かに抑える「制限装置」の役割を果たしている。
この世の全ては「神の脳を経由してから」実現しているのだから、あなたが見た映像、聞いた音声、その時にどんな感情が発生してどんな思考をしたのか、という記憶も、「神の脳」という巨大なコンピューターに100%記録されて残っているのだ。
神があなたを裁くならば、その時は、人間がやるような不完全な捜査ではなく、完璧に裁かれることになる。
神の支配下である宇宙において、神に対して隠し通せることは、笑ってしまうぐらい、何1つとしてないのだ。
宇宙開闢、森羅万象。
卵と砂糖と小麦粉でスポンジを作って、それにカカオ豆から作ったチョコレートと牛乳から分離させた生クリームで装飾するとチョコレートケーキが出来上がり、木をノコギリとカンナで削ってクギをトンカチで打ち付けて柱を作って、鉄筋ならばセメントと砂利と水を混ぜてこねくり回して乾かしたコンクリートで壁を作って、世界遺産の白川郷ならば合掌造りの茅葺き屋根、一般的には瓦やレンガやトタンで屋根を作って、ガラス細工の窓や鉄製品の扉、サビそうな所には金、銀、銅、亜鉛やスズやクロムなどでメッキを施して、やっと、家が出来上がる。
手編みのマフラー、という以前に、羊の毛を刈り取って得た毛糸がなければ作ることすら出来ないし、心がこもったプレゼントを愛する人に贈りたくても、ノドの声帯がなければ「大好きだよ」という言葉すら発することが出来ないのだ。
農家や建築業やサービス業、家事や育児などの仕事をしている人々への感謝も大切だけど、今の世の中、もっと根本的な部分、膨大な恩恵を与え続けてくれている神に対する感謝を忘れている人が多すぎる。
神からの恩恵をちゃんと説明すれば更生できる人も多々いるだろうけど「そこまで説明しなければ更生できない」というのも情けない話なのだ。
金(ゴールド)は金(マネー)。
高温で燃やすと二酸化炭素になってしまうダイヤモンドとは違って、熱を加えても冷やしてもたいして変化しないゴールドは、おそらく、不動の価値があるマネーとして使用できるように神が用意してくれたものなのであって、金に目がくらんだ人間達が道を踏み外して客をダマして金儲けを始めたり、様々な争いを引き起こす火種となることも、金を土の中に埋めておいた時点で、神には想定済みのことなのだ。
「天国行き」のキップを手に入れたいならば、「やっていいこと」と「やってはいけないこと」をキチンと線引きしておく必要がある。
親が子供に「テストで良い点を取ったらごちそうしてあげる」とか「高校受験に合格したら欲しい物を買ってあげる」とか言って、何とかして怠け者の子供に勉強をさせようとしているように、高価な食べ物や宝石や男女の快楽は、全く向上心がない人間に対して「欲」で「やる気」を引き出す推進力となっていると思うから、最初の動機は「金持ちになりたい」「大好物をお腹いっぱい食べたい」「異性にモテたい」とかでもいいと思うけど、さらに上の世界、神々が住むような世界を目指すなら、自己中を卒業して「親のため」「子のため」「家族のため」「友達のため」「仲間のため」「国のため」「人類のため」「地球のため」「宇宙(神の子供達)のため」と視野を広げていき「無償の愛」でもって接することができるように変わっていかなければいけない。
「人の役に立つのがうれしい」「人が喜んでる顔を見るのが生きがい」「地球のためにゴミのポイ捨てをやめよう」という気持ちが芽生え始めたら、それは、あなたの魂が成長した1つの証なのだ。
「人を殺しちゃダメだよ」
「人の物を盗んじゃダメだよ」
「ウソをついちゃダメだよ」
はるか昔から、ず~と同じことを言われ続けてきたのに、いまだに解決できていない、この世は、そんな未熟な魂が集まって住む世界。
人を傷つけないためのウソだとか、愛する人を助けるために仕方なく、といったケースでは情状酌量の余地はあるかもしれないけど、誰がどう考えてもダメなケースでは、記憶喪失となった時でも悪さをしないように、魂に「良いクセ」を沢山きざみ付けておかなければいけないのだ。
誰も見ていない状況でも、ちゃんとルールを守れるのが、最も好ましい。
例えば、ヒーローが現れて悪を倒してくれたとしても、それを見たあなた自身が変わっていなければ何の意味もないし、「戦うのが好きだから」というおかしな理由で正義の戦いに参加しても意味がないし、平和になって自分が権力を持って我がまま放題できる立場となった時に「自分さえ楽しめればいい」「逆らえる人間がいないから悪いことをしちゃおう」とすぐに「悪魔の誘惑」に負けてしまうようでは、ダメなのだ。
人の不幸を喜んだり、人の悪口を言って楽しんだり、人を陵辱することに生きがいを感じてしまったりして「悪いクセ」をどんどん魂にきざみ込んで、「世界平和や人の幸せを願う」という人間本来の姿に戻れない所まで落ちてしまって、神からの忠告を全く受け入れなくなってしまった魂は、神が未来に用意してくれている「神に近い体と世界」という大きな宝を失うことになってしまう。
結局、自分の魂を救うことができるのは自分しかいなくて、そんな自分に対して「良いものは良い」「悪いものは悪い」と愛情でもって気付かせてくれた相手、自分が良いことをした時にほめてくれて、自分が悪いことをした時に厳しく叱ってくれた相手こそが、自分の魂にとって最も大切な人だったんだ、と早く気付かなければいけない。
見たこともないような極上の宝は、天にあるのだから……
富士山頂から見た雲海と御来光、北海道の大自然や那智の滝などの名所スポット。晴れた空と海、新緑や紅葉した植物と大地の絶妙な色バランス。果実の早熟から完熟、魚を焼いて煮て蒸して揚げて、さらに干物や燻製にしたり、米やブドウを発酵させて酒やワインにしたり、塩や砂糖や醤油などの調味料を加えたりすることで変化する味加減。出来立てコーヒーのこうばしい香り。鈴虫やセミやウグイスなどの動物達が奏でる音色。これら全てが神のデザインセンスによって創造されたものなのだ。
風にそよぐ髪。
ほとばしる汗。
寒さで舞い上がる白い息。
これら青春の1コマに欠かせない要素も、神の存在なしでは有り得ない。
男性のたくましい肉体美と女性の色っぽい曲線美。
男性のカッコイイ行動と女性のかわいらしいしぐさ。
男らしい声、女らしい声。
これらも猫のかわいい容姿やしぐさや鳴き声と同じく、神によって設定されたことなのであって、新たな体に生まれ変わらない限り、設定された以上のことは出来ないのだ。
この世は「生きているだけ」で色々なことが学べる有難い世界。
見ているだけで美のセンスが身につき、聞いているだけで音感がとぎすまされていき、食べているだけで味のセンスをみがける。
様々なスポーツや遊びも、神が作って用意してくれた空気、水、大地、重力があるからこそ成立するものなのであって、この恩恵を、決して忘れてはいけないのだ。


NO.1を目指している私のホームページです。
http://www002.upp.so-net.ne.jp/kami/

NO.1を目指している私の無料メールマガジンです。
http://www.mag2.com/m/0001682372.html

管理人:神描人(かみえがきびと)

当ブログはリンクフリーです。どのページでも無断リンクOKです。

注意!⇒コメントは非公開で、全部読ませていただきますが、「神宿る文章」の執筆の方に全力を注ぎたいので、基本、返事はいたしません。
ご理解よろしくお願いいたします。
nice!(35)  コメント(0) 

人生の意味 [メイン]

どうも、こんにちは、神描人(かみえがきびと)です。

NO.1の「神を描く人」を目指して頑張っていきますので、応援よろしくお願いします。
では、今回の「神宿る文章」をお届けします。

あなたには、もう、偉大なる神の姿が、はっきりと見えてきたはず。
神々の世界では自分の意志で「自分がなりたい容姿」へと自由に変わることが出来て、食べ放題、作り放題、遊び放題、何でもやり放題で、永遠の命と若さと美貌、無限の記憶力と処理能力、無償の愛、抜群のデザインセンスを持つ者同士がアイデアを出し合って形成している、魂の卒業試験をクリアした者だけが住むことを許された、まさに、そこは、「楽園」と呼ぶにふさわしい極上の世界なのだ。
今、あなたが住んでいる世界で、周りを見渡してもたいした人間がいないのは「そういうレベルの魂が生まれてくる世界」だからなのであって、この世界で学ぶべきことがない人は生まれてくる必要がないから、みんな何かしらの課題を持って生まれてきている。
「死ぬまで」が修行期間であり、「終末まで」がテスト期間であり、いくつかのテストを乗り越えて神から1人前(1神前)の魂になったと認められたら、あなたは神々の世界の住人(住神)となれるはずなのだ。
自分の人生をふり返れば、自分がどのタイプの「悪魔の誘惑」に弱くて、どのポイントを直せばいいのかが分かったと思うし、それは、あなたの魂に足りない部分を改善できるように神が上手に運命を組み立ててくれたから気付ける有難い経験なのだから、神の期待に応えるために、死ぬまでに何とかして、今からすぐにでも自分の魂の「悪いクセ」を直し始めなければいけない。
魂レベルの改善は1日や2日で直るほど簡単ではないから、毎日毎日、自分の過去を反省して、少しずつでもいいから前進していく必要があるのだ。
悪いことをすると心がざわめき出すのは、現世で「親にしつけられたから」「先生に叱られたから」という理由もあるけど、それ以前に、「前世までにおいて自分が信じ続けていた神の教えに背いている」という強い罪悪感が心の奥底から湧き出ているからなのだ。
神の教えに従って生きたことがある人には、魂に「良いクセ」が付いている。
この世に生まれ出てから初めて読んだ書物であるはずなのに、聖書や仏典など、神の教えが記述されている聖典を読んで、すぐになつかしさを感じる人は「前世までで熱心に読んでいた人」。
だから、久しぶりに会った恋人みたいに心がときめいて、読み進めていくと心が落ち着いてくるのだ。
信仰心が篤かった人は、読んだらすぐに神の御心に立ち返ることができる。
できないないならば、今から、頑張って自分で築き上げていけばいい。
やるか、やらないか、だけの話。
やらない人間は、いつまでたっても天国へと辿り着けない。
まず、聖典を子供の頃からずっと読み続けて、ずっと神の存在を信じ続けて神と共に歩んで死んでいく時代を経験して、それから、神の存在が隠された時代において、聖典なしでもちゃんと神の教えを守れるかどうかを試されることになる。
神の存在を隠すために、そのために「ダーウィンの進化論」は必要だった。
間違った理論であっても、重要な役割を果たしていることがある。
「間違い」から「正解」へと引っ繰り返す時に驚きと感動が生まれ、人々の心に印象強く残されることになり、より「正解」を際立たせてくれることにもなるのだ。
「必要ないように見えるけど将来を見据えると必要だった経験」というのも、ある。
苦しみが、苦しみを乗り越えた先の自分に、良い結果をもたらすことがある。
自分自身が苦しみを体験したことによって、苦しんでいる人の気持ちを思いやれる優しい魂へと成長できる、ということなのだ。
もちろん、十分に苦しんでいる人の気持ちを思いやれるようになったならば、もう、苦しみを経験する必要はない。
死後に、そのことを考慮した上で、運命の組み立てが行われているのだ。
最終的には、宇宙の管理者となるのだから、宇宙に存在する「自分の子供達」を愛せる魂にならなければいけない。
「自分の宇宙」に存在する全ての知的生命体を「無償の愛」で包み込み、成長していく姿を温かく見守り続け、そして、さらに、成長するためのプログラムを用意してあげたり、大自然を描いてデザインの手本を見せてあげたり、鳥やクジラなどで飛行技術や潜水技術などをさりげなく知らせてあげたりして、色々と教えてあげられる魂になったら、あなたは、将来、神となっているはずだ。
あなたが住んでいる宇宙は、「その宇宙」を所有している神の「作風」が反映されている世界。
別の宇宙では、別の神の作風が反映された世界が、存在している。
そして、あなたが神となったら、「あなたの作風が反映された世界」である宇宙が誕生することになるのだ。
夢は、でっかく、生きていきましょう。


NO.1を目指している私のホームページです。
http://www002.upp.so-net.ne.jp/kami/

NO.1を目指している私の無料メールマガジンです。
http://www.mag2.com/m/0001682372.html

管理人:神描人(かみえがきびと)

当ブログはリンクフリーです。どのページでも無断リンクOKです。

注意!⇒コメントは非公開で、全部読ませていただきますが、「神宿る文章」の執筆の方に全力を注ぎたいので、基本、返事はいたしません。
ご理解よろしくお願いいたします。
nice!(51)  コメント(0) 

全知全能である神 [メイン]

どうも、こんにちは、神描人(かみえがきびと)です。

NO.1の「神を描く人」を目指して頑張っていきますので、応援よろしくお願いします。
では、今回の「神宿る文章」をお届けします。

人間が作ったゲームソフト、戦うことで経験値を獲得してレベルを上げて強くなっていって、ヒントを与えてくれるキャラクターと話すことで情報を得て、様々なシナリオやマップが用意された壮大な世界を旅するロールプレイングゲームで、ゲーム画面内に無限に広いマップを作ることは可能だけど、実際には、プレイヤーとコンピューターが対面してやりとりをしているのであって、プレイヤーはキャラクターを操作したり決定ボタンで選択したりしているだけで、話はコンピューターがシナリオ通りに進行させていく。
そして、ゲーム内で複数のプレイヤーが取った選択と行動の全てをコンピューターに記録して残しておくことも可能だ。
これが、そのまま、人間と神との関係につながり、違う点は「コントローラー」ではなく「人間の思考(脳からの信号)」を神が受け取ってから宇宙全体を作り変えている点で、神には、人間が思ったことですらも記録して残しておくことが可能なのだ。
そして、テレビのコンセントを抜いて電源を切れば一瞬で映像が消えて、新たなゲームソフトに入れ替えて電源をつなぐと新たなゲームが始まるのと同じで、神がその気になれば宇宙は一瞬で消え去り、新たな宇宙が誕生することになる。
宇宙を丸ごと記憶している神なのだから、全ての人間に対してアドバイスできる人智を超えた偉大な存在であり、この世界に存在している様々な選択肢やシナリオも、全て神が熟考して用意してくれたものなのであって、作り手の実力が違いすぎるから、人間はこのことに気付けなかっただけの話なのだ。

子供が親に質問する。

「ねぇねぇ、お母さん、なんでテレビゲームのキャラクターは十字キーを押すと画面の中で動き回るの?」
「それはね、プログラマーさんがそういう風にプログラムしたからなんだよ」
「じゃあ、キレイな絵や音楽やお話もプログラマーさんが作ったの?」
「いや、それはね、グラフィックデザイナーさんとサウンドクリエイターさんとシナリオライターさんがプロの技を駆使して作ったものなんだよ」
「ふ~ん、ねぇねぇ、じゃあ、お母さん、なんで地球には空気と水と土があって、太陽がずっと輝いていて四季があって風が吹いて、美しい空と海と陸があって、ジャンプすると地面まで落ちて風船を手放すと空高く飛んでいって、夏には海水浴を楽しめて、冬の雪、秋のモミジ、春には桜の花見を楽しめて、美味しい果実、山の幸、海の幸があって、カエルがゲコゲコ鳴いて、あと、牛乳もおいしく飲めるし、友達との会話も楽しいし、恋愛やオシャレやスポーツも楽しいし……え~と、それから、なんでキリンさんの首とゾウさんの鼻は長いの?」
「ああ、それはね、宇宙のことなら何でも知っている神様が、ぜ~んぶデザインして用意してくれたものなんだよ。みんなのために無償の愛でもって与え続けてくれているの。ちゃんと感謝して生きようね」
「うん、わかった、ありがとね、お母さん」

これで、いいのだ。

分かってしまえば簡単なことなんだけど、なぜ、今まで、人間がこの答えにたどりつけなかったのかというと、それは、ひとえに、神が封印していたからに他ならない。
「知ってしまったらテストにならない」こともあるし「知ってしまったら教育にならない」ことも多くて、だからこそ、神は、自分の存在をはっきりと現すことなく隠れた所からずっと温かく見守って、あなたの魂の成長をずっと手助けしてくれていたのだ。
この世に生まれてくる前の記憶がないのも封印されているからなのであって、そのことを知らせるためにちょっとだけ解除したり、特殊な人間が生まれてくることもあるのだけど、記憶は一時的に神に預けてあるだけで、順調に歩んでいけば、いつの日か、全てを知る時が訪れるのだと思います。
プログラマーでありグラフィックデザイナーでありサウンドクリエイターでありシナリオライターであり全知全能である神には、宇宙が誕生してから今まで、これから人類がどのような体に進化していくのか、そして、最終的には神々の世界に旅立つまでの道程がはっきりと見えている。
プログラマーは、ありとあらゆる選択肢とシナリオを頭の中に思い浮かべてからプログラミングを始める。
ストーリーが進行している途中で、ちょっと手直し程度にプログラムを変更することはあるだろうけど、だいたいは「最初から」全ての未来を見通せている存在なのだ。


NO.1を目指している私のホームページです。
http://www002.upp.so-net.ne.jp/kami/

NO.1を目指している私の無料メールマガジンです。
http://www.mag2.com/m/0001682372.html

管理人:神描人(かみえがきびと)

当ブログはリンクフリーです。どのページでも無断リンクOKです。

注意!⇒コメントは非公開で、全部読ませていただきますが、「神宿る文章」の執筆の方に全力を注ぎたいので、基本、返事はいたしません。
ご理解よろしくお願いいたします。
nice!(69)  コメント(0) 

宇宙は神が創った作品 [メイン]

どうも、こんにちは、神描人(かみえがきびと)です。

NO.1の「神を描く人」を目指して頑張っていきますので、応援よろしくお願いします。
では、今回の「神宿る文章」をお届けします。

「神が宇宙全体を管理している」という事実を悟らせないために、わざと、宇宙は、広大に作られている。
実際、その広さ故に、「神は宇宙を体として所有している」なんて答えに辿り着く者は、いなかった。
神が開封して教えない限り、誰も、辿り着けなかった事実なのだ。
そして、人間が「アカシックレコード」と呼んでいる「宇宙全体を記憶し続けている」巨大な脳が存在し、宇宙内に存在する知的生命体の全ては、その脳の1部分を借りた状態で記憶することが出来ている、なんて壮大な話も、神が教えない限り、誰も、分からなかった事実なのだ。
もう完全に理解してもらえたと思うけど「1つの宇宙」が神によって創造された「1つの作品」なのだ。
人間が作ったテレビゲーム画面の中で、キャラクターが動き回って色々な技を発動させて様々なアクションを起こし、壁があると通れなくてジャンプすると地面がある所まで落ちていって水中では浮力が働く設定になっていたり、さらには、その背景に美しいグラフィックが描かれていて様々な音楽が鳴り響いていたりするのと同じで、あなたは、神が作った宇宙画面の中で暮らしている存在なのだ。
最小単位の「異なる色の点」を集合させることで絵が出来上がり、違う絵を1枚1枚表示していくことで動いているように見せているように、神が使用しているのはもっと高度な技術なのだけど、コンピューターグラフィックスの世界における「ピクセル」が宇宙における「原子1つ」に相当する感じで、神が「こんなものを作ろう」と思い立ったからこそ数々の星や生物が誕生したのであって、その後も神によって管理し続けられた結果が今現在の状況へと到っている。
無限に記憶できる脳を持っている神なのだから、あなたの過去も「映像」として「音声」として「感覚」として「思考」として完全に記録されて残っている。
作り手である神からは宇宙に存在しているものの全てが丸見えで、神が設定した範囲内でしか人間は行動できないし、思考も例外ではなく、神が封印した内容は人間がどんなに頭をふりしぼって考えても思いつくことが出来ず、神自身が解いて啓示しない限り、人類が知ることはなかった内容なのだ。
神は、人間の魂の成長に必要な分だけ少しずつ知識を与えてくれる。
なぜなら、いきなりF1レーサーが乗るような高度なテクニックを要するレーシングカーとサーキットを用意されても、それは無理な話で、まずはカートなどの子供用の乗り物で練習する必要があるし、いきなり素人にプロ野球選手の中に混じって試合をさせて「ヒットを打て」と命令しても、それもまた無理な話だからなのだ。
神は、あなたの魂に見合った人生を考えて、運命的な人との出会いや家族構成、あなたの魂に足りない部分をどうやったら補えるのかを考慮してから、あなたをこの世に送り出してくれている。
ちょっとした想定外の出来事も発生するだろうけど、だいたい、どんな人生を歩むのかは「生まれる前から」決められていて、神は、あなたに最適な舞台を用意してくれるのだけど、それをどう生かすかは、あなた次第なのだ。
何度も何度も違う体に生まれ変わって、今まで一生懸命に頑張って生きてきたのに、神が天に用意してくれている「より神に近い体と世界」という宝を目前にして、地獄の方へと落ちてしまうことが、いかに大きなものを失うかを分かってもらえたと思います。
今までの苦労が報われるかどうかは、終末に行われる魂の振り分け「天国行き」「地獄行き」で明暗がはっきりと分かれるのです。
今、あなたが所有している「人間の体」は100%できることを何%かに抑えた「制限装置」なのであって、「神の体」を所有した時のための練習用の体なのだ。
目に見えているものの全ては神が映像化したものであり、目に見えないものを分かりやすく解説するための教科書的な役割も担っている。
「人間の体」は「神の体」を知るための模型になっていて、「遺伝子」というメモ書きも存在するし、「走馬灯」というヒントも用意されていて、これらは「天国への道標」として神が残しておいたものなのだ。
偶然に発見されたと思われているアンモナイトや恐竜や原始人などの化石も、後に人間達が「歴史の教科書」を作成することを想定した上で、さりげなく残しておいたもので、それを人間達が「大発見だ!」とか言って大騒ぎしているだけなのだ。
潜水技術が進歩して人間達が深海にたどり着いた時のために、ビックリさせてあげようとグロテスクな深海魚を用意して待ち、大自然を旅する冒険家のために、アマゾンなどのジャングルの奥地に未知の生物を沢山作って用意しておいてあげる。
神の支配下である宇宙において、人間は、どこまで行っても神の手のひらの上で踊っている存在にすぎないのだ。


NO.1を目指している私のホームページです。
http://www002.upp.so-net.ne.jp/kami/

NO.1を目指している私の無料メールマガジンです。
http://www.mag2.com/m/0001682372.html

管理人:神描人(かみえがきびと)

当ブログはリンクフリーです。どのページでも無断リンクOKです。

注意!⇒コメントは非公開で、全部読ませていただきますが、「神宿る文章」の執筆の方に全力を注ぎたいので、基本、返事はいたしません。
ご理解よろしくお願いいたします。
nice!(57)  コメント(0) 

聖典は「神が著した書物」 [メイン]

どうも、こんにちは、神描人(かみえがきびと)です。

NO.1の「神を描く人」を目指して頑張っていきますので、応援よろしくお願いします。
では、今回の「神宿る文章」をお届けします。

釈迦が「悟った」と言っていたのは「この世はこういう風な設定になっていることが分かった」という所までで、さらに上の境地になると「神がそのような設定を作った」という所まで辿り着く。
釈迦が説く「中道」は、神が「人間を教育するために」作った設定なのだ。
ブッダは、悟って「神の教え」を忠実に人々に伝えた偉い御方。
預言者は、さらに、神の言葉を預かって「神の存在」までも人々に伝える。
ブッダは、人間側からのアプローチで真実へと辿り着き、預言者は、神側からのアプローチで真実へと辿り着く。
ブッダと預言者では、少し説き方が異なるけど、言っている「真実」は同じ。
真実は1つだから、皆、同じ真実へと辿り着くのだ。
私の文章はマスターキー。
じっくり読んで「神の視点」を身に付けた読者は、全ての預言書を、より分かりやすく通読できるようになったはずだ。
神の教えの伝道者であるイエス・キリスト自身が「わたしが来たのは(過去の)律法や預言者を廃するためだ、と思ってはならない。廃するためではなく、成就するために来たのである」と言っていたように、私は、神の視点で、今までの預言者たちによって形成された神の言葉の未完部分を補って、さらに神の教えを完成の高みへと昇進させることが出来る存在なのだ。
あっさり書いてるけど、実は、これ、もの凄いことなのだぞ。
神が封印して隠していた内容は、神にしか開封できない。
間違いなく、私の文章には、神が宿っている。
なぜなら、神の手助けがなければ、とてもじゃないけど、書けなかった内容だからだ。
マスターキーを差し込む感じで、フーと神宿る息を吹き込むと、聖典は輝き始め、神が語り始める。
聖典は、人間が作った書物ではない。
神の言葉を預かった預言者たちによって作られた「神が著した書物」なのだ。


NO.1を目指している私のホームページです。
http://www002.upp.so-net.ne.jp/kami/

NO.1を目指している私の無料メールマガジンです。
http://www.mag2.com/m/0001682372.html

管理人:神描人(かみえがきびと)

当ブログはリンクフリーです。どのページでも無断リンクOKです。

注意!⇒コメントは非公開で、全部読ませていただきますが、「神宿る文章」の執筆の方に全力を注ぎたいので、基本、返事はいたしません。
ご理解よろしくお願いいたします。
nice!(59)  コメント(0) 

ブッダと預言者たちが織り成す三千世界の大道 [メイン]

どうも、こんにちは、神描人(かみえがきびと)です。

NO.1の「神を描く人」を目指して頑張っていきますので、応援よろしくお願いします。
では、今回の「神宿る文章」をお届けします。

今から、はるか昔の話。
時は紀元前5世紀頃、仏教の開祖である釈迦は、北インド(現ネパール)の釈迦族の王子として生まれ、29歳で出家して35歳で悟りを開いて仏陀となった。
本名はゴータマ・シッダールタで、ゴータマは「最上の牛」、シッダールタは「目的を達したもの」という意味で、生まれた時に右手で天、左手で地を指し、「天上天下唯我独尊」と話したと伝えられている。
出家後に6年間の苦行をしたが、断食などによる苦行だけでは悟りは得られないと分かって苦行をやめ、ネーランジャラー河の岸辺で村娘スジャータが作ってくれた牛乳がゆを食べて体力を回復させた。
ブッダガヤの菩提樹の下で座禅して瞑想に入り、あらゆる悪魔の誘惑をことごとく退けると、世は「無常」、変化するという事実を認めない「無知」が「迷い」を生み、「迷い」が「欲望」を生み、「欲望」が「執着」を生み、「執着」が「苦しみ」を生む、そして、両極端に走らない「中道」が大切なのだと気づき、ついに35歳で悟りにいたった。
さらに、さらに昔の話。
時は紀元前13世紀頃、旧約聖書の出エジプト記20章と申命記5章に登場する預言者であるモーセは、エジプトで迫害されて奴隷扱いされていたイスラエル人を救出し、シナイ山で神から律法を授かった。
有名なのが、以下に紹介する10の戒律を石板に記した十戒だ。

1. 主が唯一の神である
2. あなたは偶像を作ってはならない、それらを崇拝してはならない
3. 神の名をみだりに唱えてはならない
4. 安息日を覚えて、これを聖なる日とせよ
5. あなたの父母を敬え
6. 殺人をしてはならない
7. 姦淫をしてはならない
8. 盗んではならない
9. あなたの隣人に対して偽りの証言をしてはならない
10. あなたの隣人の家や妻を欲してはならない

モーセは律法によって12部族の統制を果たし、7世紀頃に起こったイスラム教においても、ノア、アブラハム、イエス、ムハンマドと並び称されて5大預言者の1人とされている。
後世においても、旧約聖書を読む人にとって、モーセは、英雄的な存在なのだ。
さて、各宗教の教訓を読んだことがある人なら、少なからず感づいていることだろうけど、聖典を「人間が人間を教育するために作った書物」と勘違いした者が人為的なミスを犯して作成してしまった「神の視点から見たら完全に間違いである教訓」が、なぜか、削除されずに、そのまま残っているケースがある。
時代的に合わなくなった教訓もあって、イスラム教のラマダーンという月に行う断食は、1ヶ月の間、日の出から日没まで飲食を絶つことで「飢えで苦しんでいる人の気持ちを理解する」という意味で功をなしているけど、それ以外の教訓で「これは、一体、何の意味があるのだろう?」とクエスチョンマークが付くものが多々ある。
釈迦の「世は無常」という言葉通り、時代に合わなくて意味を成さなくなった教訓は、時代の流れに合わせて修正していった方がいいと思う。
また、「言葉足らず」の教訓も、多い。
「あなたの父母を敬え」という話以前に「尊敬に値する両親なのか」という部分が重要なのであって、「同性愛は良いか悪いか」という話以前に「どのように愛したのか」という部分が重要なのであって、「自殺はしてもいいのか」という話以前に「死ぬまでに何をしたのか」という部分が最も重要なことなのだ。
この部分を考慮しないと、滅茶苦茶な話になってしまう。
毎日毎日、酒に溺れて自分勝手な理由で暴力を振るい続け、不倫している女を平気で家に連れ込んだりする父親に対して「尊敬しろ」と言われても無理な話だし、正常に異性に欲情する人間であっても、暴力や権力で無理やり付き合わせていたり、愛もなしに醜い欲望だけでくっついているカップルならば、心と心でつながって愛し合っている同性愛カップルの方が良好に見える。
神の教えに逆らいまくって自殺しなかった悪人と、神の教えのために戦って最後に部下や民衆の命を守るためにトップの責任を取って自害して果てた善人とでは、どう考えても、後者の方が、神から高く評価されるに決まってる。
「心の中でどう思っていたのか」が大切なのだ。
「殺人をしてはならない」という教訓も、「一般市民を守る立場」にある警察官や自衛官やスパイなどのケースでは、正当防衛として、市民を守るために武力行使をする必要性は、どうしても出てくる。
ケース・バイ・ケース。
自分が置かれている立場によって、守るべき教訓も変化するのだ。
行為に愛が伴っているかどうかが大切で、ただ単に自分の醜い欲望を満たしたいがためにやっているのと、愛情でやっているのでは、神からの評価は全く異なる。
現在の自分と過去の自分を見比べて「何が自分を成長させてくれたのか」を考えてみれば、本当の愛に気付けるはずだ。
後の成功のために、あえてハングリーな経験をさせてあげる、というのも1つの愛。
ハングリー精神が自分のピンチを何度も救ってくれる原動力になりえるし、ハングリー精神がない人間は、ちょっとしたトラブルですぐにクジけてしまうケースが多い。
修羅場をくぐり抜けてどん底からはい上がった人間ほど度胸が付いて、こういった人間こそが、全世界をも震撼させる大偉業を成し遂げちゃったりするのだ。
貧困の家庭においては助け合いの精神が芽生えるし、家族愛が生まれやすいし、魂の成熟度によっては、貧困を経験することが良き経験となりえることもある。
弱者を見て平気ですぐに切り捨ててしまうような未熟な魂には、こういった苦しみの経験が必要不可欠なのだ。
老人に対してすぐに「邪魔くさい」と感じてしまう者は、自分が老人となって、言われる側の苦しみを十分に経験しておく必要がある。
とにもかくにも「弱者を思いやる気持ち」が大切なのだ。
ずっと裕福だった人間よりも、貧困を経験してから裕福な生活へと移行した人間の方が、より幸せを実感できるようにもなる。
ちゃんと成長できた魂は、苦しみから解き放たれて、苦しみがない世界である天国へと旅立っていくことになる。
今、あなたの目前に広がっている世界は教育用のプログラム、一通りの教育を終えたら役目を終えて消え去り、新たな世界へと生まれ変わるのだ。
魂が神に近づけば神に近い体を与えられ、魂が神から遠ざかれば神から離れた体を与えられる。
今、あなたが感じている見て聞いて食べる楽しみ、男女間の肉体と心のつながりによって得られる快感というのは、神とつながっているからこそ感じられるのであって、神から遠く離れた世界には存在しないものなのだ。
そして、これから、テストに合格した者には、さらに神に近づいた、さらに快楽と快感を追加された体を神から与えられることになる。
これが太古の昔、「この宇宙」が誕生する前から存在している「魂が歩む道」なのであって、終末を乗り越えてビッグバン級の宇宙大改造が行われた後の世界では、新たな素材が用意されて、新たなテストが始まる。
今の人間がやっていることと神がやっていることを見比べてみれば分かるように、まだまだ先は長いのだ。


NO.1を目指している私のホームページです。
http://www002.upp.so-net.ne.jp/kami/

NO.1を目指している私の無料メールマガジンです。
http://www.mag2.com/m/0001682372.html

管理人:神描人(かみえがきびと)

当ブログはリンクフリーです。どのページでも無断リンクOKです。

注意!⇒コメントは非公開で、全部読ませていただきますが、「神宿る文章」の執筆の方に全力を注ぎたいので、基本、返事はいたしません。
ご理解よろしくお願いいたします。
nice!(45)  コメント(0) 

人間をサナギ状態にして世界を作り変える(引用:日月神示) [メイン]

どうも、こんにちは、神描人(かみえがきびと)です。

NO.1の「神を描く人」を目指して頑張っていきますので、応援よろしくお願いします。
では、今回の「神宿る文章」をお届けします。

神は、宇宙を「体」として所有している存在だ。
この世で実現できていることの全ては、神が所有している1つの能力。
神は、宇宙内にいる知的生命体の全てを強制的にサナギ状態として、ゲーム機のカセットを抜き差しする要領で宇宙全体の設定を変えることで、簡単に世界を作り変えることが出来る存在なのだ。

~~~以下、引用(「日月神示」)~~~

真の信仰に入ると宗教にとらわれなくなるぞ。
真の信仰に入らねば、真の善も、真の信も、真の悪も、真の偽りも判らんのぢゃ。
今に岩戸開いてあきらかになったら宗教いらんぞ、政治いらんぞ。
今までの日本の宗教は日本だけの宗教、このたびは世界のもとの三千世界の大道ぞ、教えでないぞ。
宗教によるもののみ天国に行くと考えるもの、皆悪のけんぞくばかり、迷うなよ、迷うのは欲からぢゃ。
高い心境へ入ったら、神を拝む形式はなくともよいぞ。
なすこと、心に浮かぶこと、それ自体が礼拝となるからぞ。

右の頬を打たれたら左の頬を出せよ、それが無抵抗で平和の元ぢゃと申しているが、その心根をよく洗って見つめよ。
それは無抵抗ではないぞ。
打たれるようなものを心の中に持っているから打たれるのぞ。
まことに居れば相手が手を振り上げて打つことは出来ん。
よく聞き分けて下されよ。
笑って来る赤子の無邪気は打たれんであろうが。
これが無抵抗ぞ、世界一家天下泰平ぢゃ。
左の頬を出すおろかさをやめて下されよ。

信仰を得て霊的に病気を治すのは、一瞬には治らんぞ。
奇跡的に治るとみるのは間違い、迷信ぞ。
時間もいり手間もいる。物も金もいる。大き努力いるのであるぞ。取り違い多いのう。
この神のもとへ来て信心さえしていたらよいことある様に思うているが、大間違いざぞ。
この方のもとへ参りて先ず借金取りに借金払いして下されよ。
苦しいこと出来てくるのが御神得ぞ。
この方のもとへ来て悪くなったと言う人民遠慮いらん。帰りてくれよ。
そんな軽い信心は信心ではないぞ。
結構な苦しみが判らん臣民一人も要らんのぞ。しっかりと褌締めてついて御座れよ。
この方悪神とも見えると申してあろうがな。

四ツ足を食ってはならん。共食いとなるぞ。
草木から動物生まれると申してあろう。
臣民の食べ物は五穀野菜の類いであるぞ。
獣の食い物食う時には、一度神に献げてからにせよ。
神から頂けよ、そうすれば神の食べ物となって何食べても大丈夫になるのぞ。
神に献げきらぬと獣になるぞ。

苦労致さねば誠判らんなり。
人民というものは苦に弱いから、中々におかげのやり様ないぞよ。
欲だすから、心くもるから、我よしになるから中々に改心出来んなり、難しいぞよ、欲さっぱり捨てて下されよ、欲でると判らなくなるぞ。
神示がハラに入って血になると、何が起こって来ても結構であるが、始めのうちは、ちょっとのことで迷いの雲が出て悪の虜となって苦しむぞ、悪はないのであるが、無い悪を人民の心から生むのざぞ。
悪の虜となって苦しむが見えているから、苦も結構なれど要らん苦は要らんぞ。神示よく読んで苦を楽とせよ。

金好きなら金を拝んでもよいのじゃ。
区別と順序さえ心得ておれば、何様を拝んでもよいのぞ。
清くて富むのがまことぢゃ。
地も富まねばならんのぢゃと申してあろうが。

今までの心スッキリと捨てて、生まれ赤子となりて下されと申してあろが。
早よ改心せねば間に合わん。残念が出来るぞ。
生まれ赤子の心で神示読めよ。神示頂けよ。

神の規則は恐いぞ、隠しだては出来んぞ、何もかも帳面に記してあるのざぞ。
神の国に借金ある臣民はどんな偉い人でも、それだけに苦しむぞ、家は家の、国は国の借金済ましが始まっているのぞ。
済ましたら気楽な世となるのぞ、世界の大晦日ぞ、晦日は闇ときまっているであろうがな。
借金返す時つらいなれど、返した後の晴れた気持ち良いであろうが、昔からの借金ざから、素直に苦しみこらえて神の申すこと、さすことに従って、日本は日本のやりかたに返してくれよ。

神世のひみつとして知らしてあるが、いよいよとなりたら地震、雷ばかりではないぞ。
臣民アフンとして、これは何とした事ぞと、口あいたままどうすることも出来んことになるのぞ。 四つん這いになりて着るものもなく、獣となりて、這いまわる人と、空飛ぶような人と、二つにハッキリ分かりて来るぞ。
獣は獣の性来いよいよだすのぞ。
火と水の災難がどんなに恐ろしいか、今度は大なり小なり知らさなならんことになりたぞ。
一時は天も地も一つにまぜまぜにするのざから、人一人も生きては居れんのざぞ。
それが済んでから、身魂みがけた臣民ばかり、神が拾い上げてミロクの世の臣民とするのぞ。
どこへ逃げても逃げ所ないと申してあろがな。
高い所から水流れるように時に従いて居れよ。
いざという時には神が知らして一時は天界へ釣り上げる臣民もあるのざぞ。
人間の戦や獣のケンカ位では何も出来んぞ。
くどう気つけておくぞ、何よりも改心が第一ぞ。

人民と申すものは生命が短いから、気が短いから、仕組み少しでも遅れると、この神は駄目ぢゃと、予言が違ったではないかと申すなれど、二度とない大立て替えであるから、少しくらいの遅し早しはあるぞ。
それも皆人民1人でも多く助けたい神の心からぢゃ。
遅れても文句申すが早くなってもまた文句を申すぞ。
わからんと申すものは恐ろしいものであるぞ。

富士は何時爆発するのざ、何処へ逃げたら助かるのぞと言う心、我れ善しぞ。
何処に居ても救う者は救うと申してあろうが。
悪を待つキは悪魔のキざぞ。
この先どうしたらよいかということは、世界中、金のわらじで捜しても、ここより他わからんのざから、改心して訪ねて御座れ、手取りて善き方にまわしてやるぞ。

この道に入ると損をしたり、病気になったり、怪我をすることがよくあれなれど、それは大難を小難にし、またメグリが一時に出て来て、その借金済ましをさせられているのぢゃ。
借りた物は返さねばならん道理ぢゃ。
メグリと申すのは、自分のしたことが自分にめぐって来ることであるぞ。
メグリは自分でつくるのであるぞ。他を恨んではならん。

自分の中にあるから近寄ってくるのであるぞ。
嫌なこと起こってくるのは、嫌なことが自分の中にあるからぢゃ。
長い目で見て良くしようとするのが神の心ぞ。
目の前のおかげではなく永遠の立場から良くなるおかげがマコトのおかげ。
天国を動かす力は地獄であり、光明を動かす力は暗黒である。
地獄は天国あるが故であり、暗は光明あるが故である。
因が果にうつり、呼が吸となりゆく道理において歓喜は更に歓喜を生ず。
その一方が反抗すればするだけ他方が活動し。また強力に制しようとする。
この道は因縁なくては判らん難しい道であれど、この道貫かねば世界は一平にならんのぢゃ。
縁ある人は勇んで行けるのぢゃ。

そなたが神つかめば、神はそなたを抱くぞ。
神に抱かれたそなたは、平面から立体のそなたになるぞ。
そなたが有限から無限になるぞ。
神人となるのぢゃ。永遠の自分になるのであるぞ。
他のために行ぜよ。神は無理申さん。
始めは子のためでもよい。親のためでもよい。自分以外の者のために、先ず行ぜよ。奉仕せよ。
うれしうれしの光さしそめるぞ。はじめの世界ひらけるぞ。

神に目を向ければ神がうつり、神に耳向ければ神がきこえ、神に心向ければ心にうつる、掃除の程度によりて神のうつりかた違うぞ。掃除出来た方から神の姿うつるぞ、それだけにうつるぞ。

マコトでもって洗濯すれば霊化される。
半霊半物質の世界に移行するのであるから、半霊半物の肉体とならねばならん。
今のやり方ではどうにもならなくなるぞ。
今の世は灰にするより他に方法のない所が沢山あるぞ。
灰になる肉体であってはならん。
原爆も水爆もビクともしない肉体となれるのであるぞ。
今の物質でつくった何物にも影響されない新しき生命が生れつつあるのぞ。
岩戸ひらきとはこのことであるぞ。
少し位は人民つらいであろうなれど勇んでやりて下されよ。

神の世と申すのは、今の臣民の思うているような世ではないぞ。金は要らぬのざぞ。
お土からあがりたものが光りて来るのざぞ。
衣類、食べ物、家倉まで変わるのざぞ。
草木も喜ぶ政治と申してあろうがな。
誰でもそれぞれに先の判るようになるのぞ。
お日様もお月様も海も山も野も光り輝いて水晶のようになるのぞ。
悪はどこにも隠れること出来ん様になるのぞ。
博打、しょうぎは無く致すぞ。
雨も要るだけ降らしてやるぞ、風もよきように吹かしてやるぞ、神をたたえる声が天地に満ち満ちて、うれしうれしの世となるのざぞ。

~~~以上、引用終了~~~

日月神示とは、画家であった岡本天明(1897~1963)が、昭和19年から約16年間にわたり、自動書記で書いたという神からのお告げ。
全部で三十二巻あり、ひふみ神示とも呼ばれています。
この神示は、天理、金光、黒住、大本の後を継ぐ形で、百年にもわたる啓示の最後の仕上げにあたります。
もっと詳しく「日月神示」を読んでみると分かることだけど、この御方は「天地創造の神」を自分よりも「上」の存在だと言っている。
「1つの宇宙に1つの神」なのだから、この御方は「神」というよりも「天使」と表現した方が、いいのかもしれない。
宇宙に存在する「全て」が神の体なのだから、宇宙内に存在している知的生命体なのであれば、どんなに高次元で崇高な存在であっても、その御方は、神ではなく天使なのだ。


NO.1を目指している私のホームページです。
http://www002.upp.so-net.ne.jp/kami/

NO.1を目指している私の無料メールマガジンです。
http://www.mag2.com/m/0001682372.html

管理人:神描人(かみえがきびと)

当ブログはリンクフリーです。どのページでも無断リンクOKです。

注意!⇒コメントは非公開で、全部読ませていただきますが、「神宿る文章」の執筆の方に全力を注ぎたいので、基本、返事はいたしません。
ご理解よろしくお願いいたします。
nice!(61)  コメント(0) 

「新たな世界」「新たな旅」の始まり(引用:新約聖書「山上の垂訓」) [メイン]

どうも、こんにちは、神描人(かみえがきびと)です。

NO.1の「神を描く人」を目指して頑張っていきますので、応援よろしくお願いします。
では、今回の「神宿る文章」をお届けします。

神が定めた「設定」は、宇宙全体を駆け巡り、そして、宇宙内の、誰も、その設定に逆らうことは出来ない。
どんな設定になっているかの1部分は、遺伝子を読み解いて知ることが出来る。
人間の目には見えないけど、神の目には見えている「管理網」というが、張り巡らされているのだ。
その事に関して、今の人間の知識レベルでも分かるような「例え話」をするなら、「テレビゲーム」が最適かもしれない。
自分が、テレビゲームをやっている時の姿を、思い浮かべてみて下さい。
ゲーム機にカセットを挿入するとゲームが始まり、テレビ画面内は、そのカセットの支配下となる。
カセットに記載されている「設定」は、テレビ画面内に管理網を張り巡らし、コントローラーの十字キーで操作する人型キャラは、その設定に逆らうことは出来ないし、その設定以上のことは出来なくなる。
そして、カセットを抜いて、別のゲームのカセットを挿入すると、「新たな設定」によるテレビ画面内の支配が始まる。
これが、いわゆる、「ノアの箱舟」などで紹介されている「終末」というものなのだ。
「終末」前と「終末」後で、テレビ画面内(宇宙画面内)のキャラ(生き物)の「見た目」や「使える能力」は劇的に変わり、目の前に広がる世界は、あなたが人間だった頃とは比べ物にならないくらい「楽しみ」と「喜び」で満ち溢れている輝かしい世界へと生まれ変わる。
新たな世界が始まり、新たな旅が、そこから始まるのだ。

~~~以下、引用(新約聖書「山上の垂訓」)~~~

■ マタイによる福音書 第5章

イエスは群集を見て、山に登り、おすわりになると、弟子たちが近くに寄って来た。
そこで、イエスは口を開き、彼らに教えられた。

心の貧しい人々は幸いである。天国は彼らのものである。
悲しむ人々は幸いである。彼らはなぐさめられる。
柔和な人々は幸いである。彼らは地を受け継ぐ。
義に飢えかわいている人々は幸いである。彼らは満たされる。
あわれみ深い人々は幸いである。彼らはあわれみを受ける。
心の清い人々は幸いである。彼らは神を見る。
平和をつくり出す人々は幸いである。彼らは神の子と呼ばれる。
義のために迫害される人々は幸いである。天国は彼らのものである。
わたしのためにののしられたり、迫害されたり、身に覚えのないことで悪口雑言を浴びせられるとき、あなたがたは幸いである。
喜びなさい。大いに喜びなさい。天においてあなたがたの受ける報いは大きい。
あなたがたより前の預言者たちも、同じように迫害されたのである。

あなたがたは地の塩である。もし塩に塩気がなくなれば、その塩は何によって塩味がつけられよう。もはや、何の役にも立たず、外に向かって投げ捨てられ、人々に踏みつけられるだけである。
あなたがたは世の光である。山の上にある町は、隠れることができない。また、ともし火をともして升の下に置く者はいない。燭台の上に置く。そうすれば、家の中のもの全てを照らすのである。
そのように、あなたがたの光を人々の前で輝やかせ、そして、人々があなたがたの良い行いを見て、天におられるあなたがたの父をあがめるようにしなさい。
わたしが来たのは律法や預言者を廃するためだ、と思ってはならない。廃するためではなく、成就するために来たのである。
はっきり言っておく。天地が消えうせるまで、律法の一点一画もすたることはなく、全てが成就する。
だから、これらの最も小さい戒めを一つでも破り、そうするようにと人々に教える者は、天国で最も小さい者と呼ばれる。しかし、それを行い、そうするようにと教える者は、天国で大いなる者と呼ばれる。
はっきり言っておく。あなたがたの義が律法学者やファリサイ派の人の義にまさっていなければ、あなたがたは決して天国に入ることができない。

昔の人々に「殺すな。人を殺した者は裁きを受けなければならない」と言われたのを、あなたがたは聞いている。
しかし、わたしは言っておく。兄弟に対して怒る者は、だれでも裁判を受けなければならない。兄弟に向かって「能なし」と言う者は、議会に引きわたされるであろう。また、「ばか者」と言う者は、地獄の火に投げ込まれるであろう。
だから、祭壇に供え物をささげようとしている時、もし兄弟に恨まれていることをそこで思い出したなら、その供え物を祭壇の前に残しておき、まず行って兄弟と仲直りをし、それから帰ってきて、供え物をささげなさい。
あなたを訴える者と一緒に道を行く場合、その途中で早く仲直りしなさい。そうしないと、その人はあなたを裁判官に引き渡し、裁判官は下役に引き渡し、そして、あなたは牢に投げ込まれるに違いない。はっきり言っておく。あなたは最後の1コドラントを支払うまでは、そこから出ることはできない。

「姦淫するな」とあなたがたは聞いている。しかし、わたしは言っておく。だれでも、情欲をいだいて女を見る者は、心の中ですでに姦淫をしたのである。もし、右の目があなたをつまずかせるなら、えぐり出して捨ててしまいなさい。体の一部がなくなっても、全身が地獄に投げ込まれるよりはましである。もし、右の手があなたをつまずかせるなら、切り取って捨ててしまいなさい。体の一部がなくなっても、全身が地獄に落ちない方がましである。
また「妻を出す者は離縁状を渡せ」と言われている。しかしわたしは言っておく。だれでも、不品行以外の理由で自分の妻を出す者は、姦淫を行わせるのである。また出された女をめとる者も、姦淫を行うのである。

また昔の人々に「いつわり誓うな、誓ったことは、すべて主に対して果たせ」と言われていたことは、あなたがたの聞いているところである。
しかしわたしは言っておく。いっさい誓ってはならない。天をさして誓うな。そこは神の御座である。また地をさして誓うな。そこは神の足台である。またエルサレムをさして誓うな。それは「大王の都」である。また自分の頭をさして誓うな。あなたは一本の髪の毛すら、白くも黒くもできないからである。
だから、あなたがたは「はい」は「はい」、「いいえ」は「いいえ」とだけ言いなさい。それ以上に出ることは、悪から来るのである。

あなたがたも聞いているとおり「目には目を、歯には歯を」と言われている。
しかしわたしは言っておく。悪い者に手向かってはならない。もし、誰かがあなたの右の頬を打つなら、左の頬をも向けなさい。あなたを訴えて下着を取ろうとする者には、上着をも与えなさい。あなたをしいて1マイル行かせようとするなら、その人と共に2マイル行きなさい。
求めようとする者に与え、借りようとする者を断ってはならない。
あなたがたも聞いているとおり「隣人を愛し、敵を憎め」と言われている。
しかし、わたしは言っておく。
敵を愛し、迫害する者のために祈れ。天におられるあなたがたの父の子となるためである。天の父は、悪い者の上にも良い者の上にも、太陽をのぼらせ、正しい者にも正しくない者にも、雨を降らしてくださるからである。自分を愛してくれる者を愛したところで、なんの報いがあろうか。そのようなことは取税人でもするではないか。兄弟だけにあいさつしたからところで、どんな優れたことをしたことになろうか。そのようなことは異邦人でもしているではないか。だから、あなたがたの天の父が完全であられるように、あなたがたも完全な者となりなさい。

■ マタイによる福音書 第6章

自分の義を見てもらおうとして、人前で行わないように注意しなさい。さもないと、天におられるあなたがたの父から報いを受けられないであろう。だから、施しをする時には、偽善者たちが人からほめられようと会堂や町の中でするように、自分の前でラッパを吹きならしてはならない。はっきり言っておく。彼らはその報いを受けてしまっている。あなたが施しをする場合、右の手のしていることを左の手に知らせてはならない。あなたのする施しが隠れている。すると、隠れたことを見ておられるあなたがたの父は、報いてくださるであろう。
祈るときにも、偽善者たちのようであってはならない。彼らは人に見てもらおうと、会堂や大通りの角に立って祈りたがる。はっきり言っておく。彼らはすでに報いを受けてしまっている。だから、あなたが祈るときは、自分の部屋に入って戸を閉め、隠れたところにおられるあなたがたの父に祈りなさい。そうすれば、隠れたことを見ておられるあなたがたの父は、報いてくださるであろう。また、祈るとき、異邦人のように、くどくど祈ってはならない。異邦人は、言葉数が多ければ、聞き入れられると思っている。彼らのまねをしてはならない。あなたがたの父なる神は、願う前から、あなたがたに必要なものをご存じなのだ。
だから、こう祈りなさい。

「天におられるわたしたちの父よ、御名があがめられますように、御国が来ますように、御心が天におけるように地にも行われますように。わたしたちの日ごとの糧を今日もお与えください。わたしたちの負い目をお許しください。わたしたちも自分に負い目のある人を許しましたように。わたしたちを試みに会わせず、悪からお救いください」

もし、人の過ちを許すなら、あなたがたの天の父も、あなたがたを許してくださるであろう。しかし、人を許さないなら、あなたがたの父も、あなたがたの過ちを許してくださらないであろう。
また、断食をする時には、偽善者がするように、陰気な顔つきをしてはならない。偽善者は、断食しているのを人に見てもらおうと、顔を見苦しくする。はっきり言っておく。彼らはすでに報いを受けてしまっている。あなたは、断食するとき、頭に油をつけ、顔を洗いなさい。断食していることが人に気づかれず、隠れたところにおられるあなたの父に見ていただくためである。そうすれば、隠れたことを見ておられるあなたの父が、報いてくださるだろう。

あなたがたは、自分のために地上に宝をたくわえてはならない。そこでは虫が食ったり、さび付いたりするし、また、盗人が押し入って盗み出したりする。宝は天にたくわえなさい。そこでは虫が食うことも、さび付くこともなく、また、盗人が押し入って盗み出すこともない。あなたの宝のあるところに、あなたの心もあるのだ。
目は体のともし火である。目が澄んでいれば全身が明るい。にごっていれば全身が暗い。だから、あなたの内なる光が暗ければ、その暗さはどれほどであろう。

だれも2人の主人に仕えることはできない。一方を憎んで他方を愛するか、一方に親しんで他方を軽んじるか、どちらかである。あなたがたは、神と富とに仕えることはできない。
だから、言っておく。自分の命のことで何を食べようか何を飲もうかと、また自分の体のことで何を着ようかと思い悩むな。命は食べ物より大切であり、体は着物よりも大切ではないか。空の鳥を見なさい。種まきもせず、刈り入れもせず、倉に納めもしない。それなのに、あなたがたの天の父は鳥を養ってくださる。あなたがたは、鳥よりも優れたものではないか。あなたがたのうち、だれが思い悩んだからといって、寿命をわずかでも延ばすことができようか。なぜ、着物のことで思い悩むのか。野の花がどうして育つのか、考えてみなさい。働きもせず、つむぎもしない。しかし、言っておく。栄華を極めたソロモンでさえ、この花一つほどにも着飾ってはいなかった。今日は生えていて、明日は炉に投げ入れられる野の草でさえ、神はこのように装ってくださるのだから、あなたがたには、それ以上に良くしてくださるはずだ。
信仰の薄い者たちよ。
だから、何を食べようか、何を飲もうか、あるいは何を着ようか、と言って思い悩むな。これらはみな、異邦人が切に求めているものである。あなたがたの天の父は、これらのものがみな、あなたがたに必要なことをご存知である。
何よりもまず、神の国と神の義を求めなさい。そうすれば、これらのものはみな添え与えられるであろう。だから、明日のことまで思い悩むな。明日のことは、明日自らが思い悩む。その日の苦労は、その日だけで十分である。

■ マタイによる福音書 第7章

人を裁くな。自分が裁かれないためである。あなたがたが裁くその裁きで、自分も裁かれ、あなたがたの量るそのはかりで、自分にも量りを与えられるであろう。あなたは兄弟の目にあるおがくずは見えるのに、なぜ自分の目の中の丸太に気づかないのか。兄弟に向かって「あなたの目のおがくずを取らせてください」と、どうして言えようか。自分の目に丸太があるではないか。偽善者よ、まず自分の目から丸太を取り除け。そうすれば、はっきり見えるようになって、兄弟の目からおがくずを取り除くことができる。聖なるものを犬に与えてはならず、また真珠を豚に投げてはならない。それを足で踏みにじり、向き直ってあなたがたにかみついてくるだろう。

求めなさい。そうすれば、与えられる。探しなさい。そうすれば見つかる。門をたたきなさい。そうすれば、開かれる。だれでも、求める者は受け、探す者は見つかり、門をたたく者は開かれる。あなたがたのだれが、パンをほしがる自分の子供に、石を与えるだろうか。魚をほしがるのに、蛇を与えるだろうか。このように、あなたがたは悪い者でありながらも、自分の子供には良い物を与えることを知っている。まして、天におられるあなたがたの父は、求める者に良い物をくださるに違いない。だから、人にしてもらいたいと思うことは何でも、あなたがたも人にしなさい。これこそ律法であり預言者である。

狭い門から入りなさい。滅びに通じる門は大きく、その道は広くて、そこから入る者が多い。しかし、命に通じる門はなんと小さく、その道はせまいことか。それを見いだす者は少ない。

にせ預言者を警戒しなさい。彼らは羊の衣を着てあなたがたの所に来るが、その内側は貪欲な狼である。あなたがたは、実によって彼らを見分けることができる。いばらからぶどうが、あざみからいちじくが採れるだろうか。すべて良い木は良い実を結び、悪い木は悪い実を結ぶ。良い木が悪い実をならせることはなく、また、悪い木が良い実をならせることもできない。良い実を結ばない木は、みな切り倒されて、火の中に投げ込まれる。このように、あなたがたはその実によって彼らを見分ける。

わたしに向かって「主よ、主よ」という者が、みな天国に入るのではなく、天におられるわたしの父の御心を行う者だけが入るのである。その日には、大勢の者がわたしに向かって「主よ、主よ、わたしたちはあなたの名によって預言し、あなたの名によって悪霊を追い出し、あなたの名によって奇跡をたくさん行ったではありませんか」と言うであろう。そのとき、わたしは彼らにはっきり、こう言おう、「わたしはあなたがたを全然知らない。不法を働く者ども、わたしから離れ去れ」。

だから、わたしのこれらの言葉を聞いて、それを行う者はみな、岩の上に自分の家を建てた賢い人に比べることができる。雨が降り、洪水が押し寄せ、風が吹いてその家に打ちつけても、倒れなかった。岩を土台としていたからである。わたしのこれらの言葉を聞いても行わない者はみな、砂の上に家を建てたおろかな人に比べることができる。雨が降り、洪水が押し寄せ、風が吹いてその家に打ちつけると、倒れて、その倒れ方がひどかった。

イエスがこれらの言葉を語り終えられると、群衆はその教えに非常に驚いた。律法学者のようにではなく、権威ある者のように、教えられたからである。

~~~以上、引用終了~~~

新約聖書において、上記の「山上の垂訓」と呼ばれている有名な箇所は、弟子である2人が書いた「マタイによる福音書」と「ルカによる福音書」の両方に登場するから、イエス・キリスト自身が語った言葉であるのは、間違いない。
何よりも、この発言は、神から特別な啓示を受け取った者にしか出来ない発言なのだ。
西暦は、イエス・キリストの誕生日を起点として始まっている。
2000年以上も前に生まれたイエス・キリストが、このような発言を残して死んでいった事実が、驚異的なのだ。
「神の言葉を預かる」のが「預言者」。
「神の存在」へと辿り着いた預言者は、皆、同じことを言い始める。
神は、宇宙が誕生してから今まで、ずっと、生き続けている御方だから、皆、同じ結論へと辿り着くのだ。
イエス・キリストが生きていた時代に「いた」神と、今「いる」神は、同じ神だ。
神は、ずっと、宇宙の頂点に君臨し続けている御方。
「永遠の命」を当たり前のように所持していて、これからも、ずっと、生き続ける御方なのだ。
「神の教え」には「永遠の視点」が欠かせない。
神がどのような存在であるのかが分かった時、イエス・キリストが、なぜ、このような発言をしたのかを、理解できるようになる。
将来、あなたが「神」となるためには、「愛(アガペー)」が不可欠なのだ。
人の不幸を、喜ぶ存在になってはいけない。
今のあなたが他の「人」に対して抱く感情は、そのまま、あなたが神となった時に、他の「神」に対して抱く感情となる。
そう考えれば、いけないことだと、はっきりと認識できるようになるはずだ。
将来の自分のために、心の中における天使と悪魔の戦いで、天使を勝利させておくことが非常に重要なこと。
偽善がなんでダメかというと、偽善をやったことによって自分の魂にどんなクセが付くのかを考えてみればいい。
最初は偽善でボランティアを始めたとしても、このことに気付いたのならば、途中から心のこもった「本物の善」へと切り替えていかなければいけない。
神は、あなたの心を見ている。
「心の中でどう思っているか」が重要で、「思い」があなたの周りの人々や環境に多大な影響を及ぼすのは、あなたの思考を受け取った神が誘導して、周りにいる人々が発する言葉や行動や環境を巧みに変更しているからなのだ。
悪事を好んでやってしまう人間に対しては「心から後悔させてあげる」必要がある。
「悪い者に手向かってはいけない」という言葉を「悪い者を野放しにしておけばいい」という意味に捉えてはいけない。
間違ったことをした時には「叱ってあげる」のが愛なのだ。


NO.1を目指している私のホームページです。
http://www002.upp.so-net.ne.jp/kami/

NO.1を目指している私の無料メールマガジンです。
http://www.mag2.com/m/0001682372.html

管理人:神描人(かみえがきびと)

当ブログはリンクフリーです。どのページでも無断リンクOKです。

注意!⇒コメントは非公開で、全部読ませていただきますが、「神宿る文章」の執筆の方に全力を注ぎたいので、基本、返事はいたしません。
ご理解よろしくお願いいたします。
nice!(51)  コメント(0) 

「ノアの箱舟」は「例え話」 [メイン]

どうも、こんにちは、神描人(かみえがきびと)です。

NO.1の「神を描く人」を目指して頑張っていきますので、応援よろしくお願いします。
では、今回の「神宿る文章」をお届けします。

聖書に書かれている「神が地球を作った」「神は自分の姿に似せて人間を作った」という話は、実話だ。
「そんなことが出来るのか?」と考える必要は、ない。
実際、目の前に「出来た」結果が存在しているのだから、「出来る」のだ。
「どうやったら出来るのか」は、あなたが神となったら、明確に分かるようになる。
聖書は、昔の預言者たちが作った文章であるため、少し、事実とズレが生じている部分もあるけど、これは、しょうがない。
まだまだ未熟だった預言者の言葉までも載せているから信憑性が薄れてしまっている部分もあるし、昔は、「科学」が進歩していなかったため、当時の人々が所有している知識で理解できる話にしないといけなかったため、あえて、ズレた表現をせざるをえなかった、という理由もある。
「ノアの箱舟」で説明されているみたいに、大洪水で世界が滅びる訳ではない。
これは「例え話」なのだ。
当時は、科学が進歩していなかったため、当時の預言者は、そう、説明するしか、方法がなかった。
科学が進歩した今なら、もっと詳しく説明できる。
同じことを言っているのだけど、人間の知識レベルが上がったから、より分かりやすく解説できるようになった、というだけの話なのだ。
言葉を、そのまま受け取っては、いけない。
例えば、日月神示に記載されている「天地ひっくり返る」という表現は、私の文章を「読む前」と「読んだ後」で価値観が激変する様相をかっこよく表現しているだけなのだ。
他の聖典に記述されている天変地異に関しても、同じことが言える。
それらは「比喩」なのだ。


NO.1を目指している私のホームページです。
http://www002.upp.so-net.ne.jp/kami/

NO.1を目指している私の無料メールマガジンです。
http://www.mag2.com/m/0001682372.html

管理人:神描人(かみえがきびと)

当ブログはリンクフリーです。どのページでも無断リンクOKです。

注意!⇒コメントは非公開で、全部読ませていただきますが、「神宿る文章」の執筆の方に全力を注ぎたいので、基本、返事はいたしません。
ご理解よろしくお願いいたします。
nice!(66)  コメント(0) 

あなたの心に、いつか、きっと、神は現れる [メイン]

どうも、こんにちは、神描人(かみえがきびと)です。

NO.1の「神を描く人」を目指して頑張っていきますので、応援よろしくお願いします。
では、今回の「神宿る文章」をお届けします。

神が用意してくれた舞台をどう活用するか、どう生きるかは、あなた次第。
頑張った分だけ、死後に、神は報いてくれる。
過去の預言者たちによって、これらは、伝えられている。
これだけ文明が発達して宇宙の詳細が分かってきた今、もはや、信じる信じないのレベルの話ではないのだ。
遺伝子の詳細から太陽系の詳細、さらには過去をさかのぼり宇宙誕生であるビッグバンに到るまで、もう、神の存在へと辿り着けるだけの知識を、今の人間は、所有している。
あとは、ヒントを繋ぎ合わせて教えてあげれば、誰でも、神の存在を信じて生きられる時代に、もう、なっているのだ。
科学が進歩していなかった昔とは違う。
理論的に解説していくだけで、誰でも、神へと辿り着ける。
私の文章を読み続ければ、いつか、きっと、あなたの心にも神が現れることになるでしょう。
誰もが、神と、つながっている。
ただ、そのことに、気付いていないだけなのだ。
この世で傷ついた体や心は、神の教えに従って生きていけば、いずれ、必ず、癒される時が、やって来る。
「永遠の視点」で物事を見れるようになった時、難解だった神の愛に気付けるようになるはずだ。
神は、宇宙全体を「体」として管理し続けている。
あなたは、その縮小版の「人間の体」を与えられて、管理し続けている。
人間、みんな、神の子なのだから、あなたも、魂が順調に成長していけば、いずれ、神となって、宇宙を「体」として管理する立場となる。
「人間の体」は、その時のための「練習用の体」なのだ。
生きているだけで、管理技術が身に付くように、人間の体は設計されている。
ちゃんと、神は、「どの様にしたら、あなたの魂を成長させることが出来るだろう」と考えた上で、あなたに最適な体を与えてくれているのだ。
一生を共にする無二の体だからこそ、乳歯から永久歯へと一度しか生え変わらない歯だからこそ、人間は、毎日毎日、お肌のお手入れや歯みがきをして大切に扱おうとする。
「脳の老化を防ぐために色々なことにチャレンジしてみよう」「心臓の健康のために運動をしよう」「大腸の健康のために乳酸菌を摂取しよう」「肝臓の健康のために酒を控えよう」「肺の健康のためにタバコを控えよう」などなど、生きているだけでも、かなりの管理技術を学べるようになっているのだ。


NO.1を目指している私のホームページです。
http://www002.upp.so-net.ne.jp/kami/

NO.1を目指している私の無料メールマガジンです。
http://www.mag2.com/m/0001682372.html

管理人:神描人(かみえがきびと)

当ブログはリンクフリーです。どのページでも無断リンクOKです。

注意!⇒コメントは非公開で、全部読ませていただきますが、「神宿る文章」の執筆の方に全力を注ぎたいので、基本、返事はいたしません。
ご理解よろしくお願いいたします。
nice!(56)  コメント(0) 
前の10件 | -