So-net無料ブログ作成

天使は神に近い最上層に住んでいる [メイン(2周目)]

どうも、こんにちは、神描人(かみえがきびと)です。

NO.1の「神を描く人」を目指して頑張っていきますので、応援よろしくお願いします。
では、今回の「神宿る文章」をお届けします。

天使は神にもっとも近い存在で、神が作った「見えない境界線」で区切って何層にも分けられている世界の最上層に住んでいる御方で、神だけで全て処理するのが大変な場合は、天使たちがサポートしている感じだ。
天使たちは、神に近い能力が使えているのだけど、もちろん、その能力は「神が許可している」から使えているのであって、神が作った世界の中では、神が許可しない限り、何事も実現することは出来ない。
天使が使える能力は、ココからココまで。
人間が使える能力は、ココからココまで。
ちゃんと、分けられているのだ。
上の世界は「見えない境界線」で隠されているから、人間は、そのことに気付けない。
そして、そのことを知らせずに放っておくと、やがて、人間は、「自分達が世界の頂点に君臨しているんだ」と勘違いし始めて、おかしな発言や行動をして好き勝手やり始める。
本物の預言者たちによって「神の教え」はちゃんと伝えてあるのに、未熟な魂が生まれ出てきて形成している世界だから、すぐに、間違ったことをやり始めるのだ。
だから、「周りの皆がやっているからやっていいんだ」という考えは、捨てた方がいいのかもしれない。
私の文章を読んでから、周りの人々を見渡してみると「間違っている人だらけだな」と気付けるようになったはずだ。
そういう魂が生まれてくる場所なのだ。
例えるなら、刑務者に入っている人間が「なんで自分の周りには悪人ばかりいるんだろう?」と言っているのと同じ状況で、多くの人々から尊敬されて一般的に「偉人」だと思われている人であっても、間違ったことをいっぱい言ってる世界なのだ。
神に関する書物においても、物知り顔で、知ったかぶって神について語っている人の文章が、ミスだらけで、目も当てられないケースが多々ある。
「神」に関することは「人」には分からない。
本物の預言者を通して、やっと、ちょっとだけ知り得ること。
神がヒントを与えなければ、人間がいくら頭をふりしぼっても、神が住んでいる世界のことは、思いつけない。
だから、神に関する話でミスする人が多発するのは仕方ないことで、ミスしていても「人々を正しい方向に導こう」という気持ちが入ってるならいいと思うし、終末の話にしても、「神の教えに従った者に天国が与えられる」という部分さえ間違ってなければ、人々を正しい方向へと導けるのだから、他の部分でちょっとミスしていても、神は、許してくれるんじゃないかな、と思う。
とにもかくにも「心の中で思っていること」が重要なのだ。
nice!(41) 

nice! 41